P1090209

山梨県小菅村にあるファー・イースト、源流醸造所が造るセゾンスタイルの瓶ビールです。
本作は、韓国釜山にあるゴリラ・ブルーイングとのコラボレーション・ビールとなっています。

ファーイースト・ブルーイングは、新進気鋭のクラフトビール・ブルワリーで新作ビールを次々と発表していますが、他の醸造所とのコラボレーションにも積極的に取り組んでいます。
そんなわけで目が離せない醸造所となっています。

Gorilla Brewingも、2015年に韓国・釜山で設立された新しいクラフトビール・ブルワリーです。
高品質なビールを世界12ヵ国に発信、韓国クラフトビールの文化とトレンドをリードし続けています。
2019年に開かれたAsia Beer Championshipで数々のビールが入賞を果たした新進気鋭のブルワリーです。

さて本作は、ファーイーストの定番「東京ホワイト」をベースにローリエをディップしたレシピとなっています。
セゾン酵母のスパイシーでフルーティーなアロマを、ローリエの清涼感ある風味が引き立てているビールだそうです。
日韓関係の改善が待たれる中ですが、政治外交的な枠組みを超え、クラフトビール業界を互いに盛り上げていきたいという共通する想いから今回コラボレーションすることになったとのことです。

本作は、延期になってしまいましたが、今後開催予定の東京オリンピックに向けて勝利と栄光のシンボルである月桂冠をイメージし、月桂樹の葉であるローリエを漬け込んで醸成しています。
2018年平昌冬季オリンピックから、東京オリンピック2020へとバトンをつなぐという思いが込められています。
発売日は、2020年3月27日、新型コロナウイルスの影響で世界の国々が交流できなくなった時期ですが、地球規模でウイルス対策をしていかなければならない状況になっている昨今です。
とりあえず、日韓の友好を願い、飲んでみましょう。

グラスに注ぐと、小麦色の濁った液体です。
セゾンらしいフルーティーな香りが立ち上ります。
口に含むと、ベルギーらしい酵母の香りと、ベルギーホワイトのような味が口内に広がります。
上品で、フルーティー、爽やかで深い味わいです。
これはうまいです。

原材料は、大麦麦芽(外国製造)・小麦麦芽・ホップ・小麦・糖類・ローリエです。
IBU18。アルコール度数5%。330ml620円(税込み)。

P1090224
(2020.4.5.)